<いちご日記:栽培テスト>

新しい品種のテスト栽培が始まりました。200本の苗を定植。

信州大学農学部が開発し、2011年に品種登録された夏いちご《信大BS8-9》。



夏秋いちごは、切った時に中が白いものが多いのですが、中が赤くなる、糖度が高め、白ろう果、芯どまりになりにくいとの話を伺った為、NAT'sでもテスト栽培してみることにしました。


長野県で生まれた品種としては、NAT'sではサマープリンセス、サマーリリカルに続き3品種目。なかなか県産のよい品種に巡り合えていないのが現状です。


今年はこの3つの生育を比較しながら、来年の作型を決めていくことにします。



  • Instagram
  • Facebook

©2019 by NAT's Berry field