<いちご日記:秋イチゴ>

夏が終わり、秋の足音が聞こえてきました。

振り返ってみると、今年の夏は涼しくて残暑が厳しいように感じます。


本来であれば、7月にくるはずのピークがお盆あたりからにズレ込み、約1カ月程度の遅れが見られました。品種によっては、その気候がよかったものもあれば、そうではないようなものも・・・

NAT's的には、《ペチカエバー》と《すずあかね》の組み合わせによって、タイミングよく作業の平準化ができたように思います。


今年は、テスト品種も交え6品種を作ってそれぞれの特徴を観てきましたが、収穫時期や収量などは参考にできないところもあります。また来年も引き続き日々学習です♪


8月まで目いっぱい収穫した《ペチカエバー》は、秋の訪れとともにほとんど収穫できなくなり、かなり遅めの休み期間に入りました。10月からの秋収穫に向け、静かに見守ることにします。



《ペチカエバー》をお待ちのお客様には、大変ご迷惑をお掛けいたしますが、その他の品種などでカバーさせていただき、10月の復活に向けて少しだけお待ちいただければ幸いです。。。



  • Instagram
  • Facebook

©2019 by NAT's Berry field